市民団体「大阪カジノ再検証を」 府と市に意見書提出 世界

で勝大阪のカジノ - 47756

松井大阪市長は、カジノに反対する世論の強まりを気にしながら、「カジノから入る700億円を福祉・教育に回す」と実利を宣伝しています。また12月10日の法定協議会では、「IR収入金の配分」という資料を出し、大阪市分(350億円)を「特別区」に配分する方法を示すなど、「特別区」の財政が潤うとの印象を与えようとしています。  しかしその700億円は、違法な民間賭博・カジノによって客が負けた金、人の不幸を踏み台にした金なのです。IR推進局が今年2月に出した「大阪IR基本構想(案)」に700億円の根拠となる数字(一部)が記載されていますが、それによるとカジノ事業者の粗収益(3800億円)の15%(570億円)と、日本人が払う入場料6千円の総額の半分(130億円)なのです。

国内外のIR事業者の動きについて

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

こんな記事も読まれています

応募グループ全体の施設のテーブル台数【】台以上で、かつスロット台数【1,】台以上のカジノ施設を運営していること b。 応募グループ全体で直近年度決算においてカジノ粗収益(GGR)が【1,】億円以上となるカジノ施設を運営していること(複数の施設の合計でも可) (2)応募企業若しくは応募グループ構成員又はこれ応募企業若しくは応募グループ構成員又はこれらの者とらの者と親会社又は連結子会社親会社又は連結子会社の関係の関係にある者が、年年10月1日以降に、以下のいずれかの開発又は運営実績を有すること。なお、事業経験は日本国内における事業に限らない。 a。

ディスカッション