ニュージーランド最大のカジノ「スカイシティ 」のスロット勝負!-オンラインカジノ体験談 Y.O様より 世界

配当スカイタワーカジノ - 815429

スカイシティーカジノは、オークランドCBDにある、オークランドのシンボル的存在のスカイシティタワーあり、24時間営業、クリスマス(祝日)、グッド・フライデイ イースター前の金曜日。毎年3月下旬か4月上旬あたり 、アンザックデイ(4月25日)の3am-1pmを除いて年中無休のカジノ。入場年齢制限は20歳以上で、子供を連れての入場は出来ません。

クリスマス一色の12月の夜に女王が舞い降りた

日本では過去にSMAPが出演するソフトバンクのCM撮影地として使われたことで話題を集め、多くの人に知られるようになりました。 また、最近では名探偵コナンの劇場版の舞台としてマリーナベイ・サンズが登場したことで話題となっています。 引用元: booking。

世界一のカジノ大国マカオ

目覚めた時は安堵した。ちゃんと部屋に戻っていたからだ。 二人の美女にうつつを抜かし、全くゲームに集中できず、勝ったのか負けたのかすらわからないまま床についた。 うっかり玉手箱でももらっていたなら今頃ぼくはオジイサンだ。さすがにそれはごめんだが、連絡先くらいはもらっておけばよかったか…。 ここにあるのは「ヨーロピアンルーレット」だ。 ルーレットとは、1〜36に0を加えた合計37個の数字が書かれた回転盤に白い玉を投げ入れ、どこに落ちるかを当てるゲームだ。(ちなみにルーレットにはアメリカンタイプもあり、こちらは1〜36までは同じだが、0に加えて0もある。つまりアメリカンは38個の数字で遊ぶ)。 テーブルはまさに押すな押すなの大盛況。 普通のカジノなら眼光鋭く「当てて見せるから待っていろ」的な客がいるものだが、テーブルを囲んでいるのは和気あいあいとした女性たち。いかにもクルーズのついでに初挑戦という人たちだ。手には少額のチップを握り、ディーラーの一挙手一投足をじっと見ていた。 ディーラーが玉を投げ入れた。 シュルシュルと音を立てて玉が回り始めた。 客のみんなが玉の行方を追って首を揃って動かした。まるでカラスを追いかけて一斉に首を回す動物園のペンギンのようだ。 玉はやがてスピードを落とし、コトリと音を立てて転がった。 すると、おじさんが立ち上がり、ガッツポーズをした。女性ばかりだと思っていたら男性も混じっていたのだ。 赤いTシャツに赤いシューズ。賭けるチップも赤とくれば中国人と相場は決まっているが、胸にはツアーか何かのワッペンが貼られたまま。たぶん初心者なのだろう。

ディスカッション