ルーレットの賭け方!ルールや種類、禁止事項など徹底解説!【初心者必読】 世界

カジノ情報ルーレットで赤黒勝負 - 949904

ルーレットの賭け方のルール上「色は赤と黒の2種類」と決まっているので、 単純に赤色テーブルにベットすれば赤色ゾーンに玉が落ちれば勝ちというルールとなります。

ルーレットは確率論の世界

確率論で行くと、それぞれの配当が当たる確率は以下の様になる。 0〜36の数字 37分の1 それぞれは、0があるので37分の1で確率が下がるがほぼ以下の確率となる。 1〜18・19〜36・偶数・奇数・赤・黒 2分の1 1〜12・13〜24・25〜36 3分の1 1〜34の縦のライン・2〜35の縦のライン 3〜36の縦のライン 3分の1。 先程、説明した通り、ルーレットはそれぞれの場所で当たる確率が決まっているので、一番高い確率は、2分の1の場所になる。 ですが、確率50%では勝率も50%となってしまうので、いまいち良さがありません。 だから、賭ける場所を増やして、確率を3分の2に上げるのです。 頭の良い方は、もう既に解ったと思いますが、3分の1で当たるゾーンを2つカバーすれば、3分の2の確率で当たります。 以下の様に賭ければ良いだけです。 もし、上記の様な2列をカバーした賭け方をした場合、全く配当が得られないゾーンは、5つの数字(0、15、18、21、24)のみとなります。 なので、毎回のプレーで、ハズレは、37分の5となるのです。当たるよりもハズレの方が大変になります。

今日遊んだオンラインカジノ

ラスベガスのカジノにおけるルーレット台において、 「トリプルゼロ」 (写真)が広がりを見せている。  これは、カジノ側の利益を拡大するためのルールの改変であり、プレーヤーである客にとっては大いなる改悪。  つまり極めてゆゆしき問題であり、客側の対応策や注意としては、 このようなルーレット台には絶対に近寄らない ことだ。  まずは、ルーレットにくわしくない読者のために、ルーレットの基本について簡単にふれておきたい。 ルーレット台には(と同時に、ルーレットの回転ホイールには) 1番から36番までの番号があり、それぞれが 赤 か 黒 に色分けされている。赤、黒 18個ずつの同数のため、玉が落ちた番号が赤になるか黒になるかの確率は半々。  したがって、払い戻し倍率も 1倍、つまりたとえば、赤に10ドル賭けて的中すれば10ドルが払い戻される。もともとの賭け金の10ドルも含めれば 2倍の 20ドルが戻ってくることになる。 同様に、偶数か奇数かに賭けることもでき、これも半々の確率なので、払い戻しの倍率も赤黒のときと同じだ。  ただ、このままだとカジノ側が勝つか客側が勝つかの確率は互角で、カジノ側に有利性はない。つまり利益が期待できない。 カジノの運営には、家賃も人件費も光熱費も必要なので、多少の利益が確保できなければ経営が成り立たないことはだれにでもわかること。  そんなカジノ側の事情のために用意されているのが、 0番 と 00番 だ。  この2つの番号は赤でも黒でもなく 緑 で、また偶数でも奇数でもない扱いになっている。

ディスカッション