IR事業(カジノ事業)におけるエンターテイメント施設 東京で

リゾート参入方針イタリアカジノ - 979841

本稿ではIR(統合型リゾート:Integrated Resort)施設におけるノンゲーミング施設のうち劇場やアリーナとも呼ばれるエンターテイメント施設の概要と今後IR事業への参入を検討している企業が留意すべきエンターテイメント施設の検討課題に関して解説します。

日本が目指すカジノの形

日本が目指すのは、マカオやラスベガスのカジノテーマパークよりは、 シンガポールなどの、統合型リゾート施設(IR)である。 統合型リゾート(IR)とは 国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などにカジノを含んで一体となった複合観光集客施設のことを言う。 出典: シンガポールのカジノ好調 富裕層の顧客増加、2強そろって増益 - SankeiBiz(サンケイビズ)。 例えば、家族で旅行にいった場合・・・ 父親:カジノで遊びたい! 母親:買い物がしたい! 子供達:遊園地で遊びたい! など、家族の中でも、様々なニーズがある。 統合型リゾート(IR)であれば、家族全員のニーズが補える。 出典: IR議連カジノ構想: 政策について。

「カジノは夢がない」対抗案はディズニークルーズ(19/07/03)

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

参入規制の考え方 世界最高水準のカジノ規制を達成するため、米国ネバダ州とシンガポールの規制をベンチマークとして、日本におけるカジノ事業の参入規制については、以下a。

ディスカッション