オンラインカジノのスロットと日本のスロットの違い 東京で

オンラインカジノの基礎プルマンリーフスロット - 40491

去年の夏にフィリピンに旅行する機会がありました。 せっかくフィリピンに来たのだから、フィリピンカジノに行こうと思い、友人を連れてカジノに行きました。 近年、リゾート地として海外の方が多く訪れる場所になっていますが、リゾート地フィリピンのもう一つの顔として有名なのがフィリピンカジノです。 他の国のカジノと違いフィリピンカジノはレートが低いこともあり、旅行ついでに初めてカジノにチャレンジする方が非常に多いのが特徴ですね^^ (カジノ入口) ひと通りカジノフロア内を見てまわり、バカラゲームがプレイできるテーブルに着きました。 担当してくれたディーラーの方がとてもフレンドリーでした! フィリピン人の国民性なのか分かりませんが、プレーヤーとのおしゃべり、冗談は当たり前で、勝っても負けても楽しく過ごすことができました。 気分を良くして、ルーレットとかスロットマシンなどのカジノゲームにトライしたのですが、結局3万円ほど負けてしまいました・・・・(涙) まあ、今までの人生で経験できなかったことを体験できたことだけでも良しとしましょう^^。

みんなが見ている人気記事

年間万人の観光客の流れ込むというマカオ。 マカオといえば…カジノでしょうか?それとも世界遺産? 「カジノ」と「世界遺産」 このふたつの異なった顔にはそもそも切っても切れない縁があるのです。 アジアとヨーロッパの交錯する町。 この10年間で注目度急上昇のマカオの持つ魅力を、順を追って見ていきましょう。 名称:中華人民共和国 マカオ特別行政区 人口:64万人(年) 面積:28。 これがポルトガルとマカオのご縁のはじまりとのこと。 年て、日本では川中島の合戦があったそうです。戦国時代の話ですよね。 国同士のおつきあい、というよりも船に乗った貿易商と地方公務員の現場での駆け引きからはじまったというところが面白いですよね。 港あり。ワイロあり。 それまでの「海禁」が解かれて清国で本格的に貿易がはじまったことで、中継貿易港としての存在価値が一気に落ち込んでしまったんですね。 それから船乗りたちの博打のメッカとして変身を遂げていったと…日本で言えば江戸時代頃からの伝統なんですね博打場が。 それが現代まで脈々と受け継がれてきているとは。 マカオ恐るべし。

ディスカッション