海外旅行や海外出張に行くなら世界中で使いやすいVISAかMASTERCARDを持っていこう!7大陸での利用体験談あり 東京で

アジア各国の選択マスターカード - 809947

海外に行くのであれば、世界中で使いやすいVisaかMastercardを持っていきましょう 。 磁気不良や紛失などの不測の事態に備えて2枚はあるといい です。その際、 Visaを1枚、Mastercardを1枚といった感じで両方持っておくと、より使えるお店の幅が広がります 。とは言え、Visaしか使えない、Mastercardしか使えないってお店はほとんどないので、Visaだけ2枚、Mastercardだけ2枚でもOKです。

トップはVISAでも日本国内で人気なのはマスターカードよりJCBという結果!

まず、結論から先にいってしまうと日本国内でこれらのブランドを利用する場合には、 VISAカードだろうがMasterCardだろうが、そのサービス内容には大きな差はありません 。 そんな使える場所がほとんど同じなVISAカードとMastercardですが、国際的なシェアはどのくらい違うのかというとそれは下記の通り( NILSON REPORTより転載 )。

アジア各国の選択マスターカード - 429866

海外でのカードご利用の手引き

VisaやMastercard、JCBなど、クレジットカードには「国際ブランド」と呼ばれるブランドがあります。国際ブランドといえば「世界6大ブランド」が代表的ですが、具体的にどのようなものをいうのでしょうか。 今回は、クレジットカードの国際ブランドの特徴や、ほかのブランドとの違いについてご紹介します。 国際ブランドは、その名のとおり 世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。 例えば、Visaブランドと提携している三井住友カードを保有している場合、さまざまな世界中の国や地域で支払いに使うことができます。また、決済だけでなく、クレジットカード優待の割引や特典、付帯保険による補償なども、日本国内と同様、海外でも受けられます。

ディスカッション