カナダのカジノ・ギャンブル ランキング 東京で

年齢制限カナダでカジノ - 734119

カナダには13の州があり、そのうち、 アルバータ州 、 オンタリオ州 、 ブリティッシュコロンビア州 など、8つの都市で、合法化されています。その収入は雇用促進や福祉、教育にも充当されて市民に貢献されて大いに役立っています。日本人にとってカジノと言うとダークなイメージで馴染みがないですが地元の人達には意外と身近な存在で旅行者や市民の憩いの場所として大人の遊び場として気軽に立ち寄れる存在のようです。 カナダのカジノの特徴としてはスロットがメインで ブラックジャック やポーカーも人気です。ディーラーや従業員へのチップを渡す文化です。飲酒が禁止で酔った人の入場は禁止です。              ドレスコード は豪華なホテルではありますが清潔でこざっぱりした格好なら、基本的に短パン、Tシャツ、ジーンズでもOKです。ただし、ビーチサンダルやスリッパ等のかかとがない靴は拒否されるかもしれません。プレイ中の帽子やサンダルも不可。 年齢は、19歳以上でないと入場出来ませんが アルバータ州 では18歳以上からと州によって年齢制限が違うので注意が必要です。又、日本人は若く見られがちで運転免許証は受け付けないので必ずパスポートを持参したほうが良いでしょう。また、カジノ内の写真撮影は禁止されています。

なぜナイアガラでカジノ?

ことのきっかけは年にカナダの刑法が改訂され、スロットやロト 宝くじ などから集められた寄付金を、政府が受け取ることを合法と定めたことが挙げられます。現に、年に開催されたモントリオール・オリンピックも、ロトの収益金が寄付されたとされています それをもってしても結果赤字となってしまい、オリンピック終了後の数十年、負債返済のために税金が使われたという余談もあります 。 それ以来カナダ人のカジノに対する考えが非常に肯定的になり、今日では、カナダの至るところでチャリティー活動や、それ以外にもレジャーとしてカジノが楽しまれています。

カナダのカジノの基本情報

ナイアガラの滝の観光エリアに24時間営業のカジノがあります。 年齢制限があって1。 Azul さん(男性)。 ナイアガラのカジノは二つある。 こちらは年最初に出来たもの。 もっ。 kiko さん(女性)。

ディスカッション