比カジノ営業停止でPAGCORが月に最大60億比ペソを失う ギャンブラ

月のオンラインマニラカジノ - 262978

フィリピンの統合型リゾート、オカダ・マニラが、新型コロナウィルス感染症 COVID の拡大を阻止するために、新たに厳しい安全衛生ガイドラインを実施している。その中には、全ゲーミングテーブルでの「立ったままでの見学やプレイの禁止」の方針や、いずれのテーブルでも1台あたり4人までしか着席できないようプレイヤー数に上限を設けることなどが含まれている。

フィリピン:新型肺炎でマニラ首都圏封鎖 3月15日から1ヵ月間~市場3-4割縮小見込み

フィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)は15日、マニラ首都圏でのすべてのカジノ事業を一時閉鎖すると述べた。これは、新型コロナウイルス(Covid)の感染拡大防止措置としてドゥテルテ大統領がマニラ首都圏を封鎖するという決定を受けたものだ。 AGBが15日 伝えた 。 この停止措置は、陸上カジノ(PAGCORが所有および運営するすべてカジノ、営業許可証のあるカジノ含む統合リゾート(IR)の両方)、電子ゲーム、ビンゴ(伝統的および電子的)、スポーツ賭博、ポーカークラブ、スロットマシンクラブ、その他PAGCORが規制する活動に適用される。 営業停止期間は、政府がマニラ首都圏に対しコミュニティー検疫を実施する3月15日〜4月14日まで継続する見込み。 PAGCORは、政府が検疫措置の拡大を宣言した場合、首都圏外の活動も停止されると述べている。 ただし、レストランや飲食店は営業可能で、ホテルはゲストを受け入れることができるが、その規模は縮小される。 PAGCORはカジノの閉鎖措置について次のように述べた。 「PAGCORはCOVIDの状況の深刻さを信じています。したがって、ウイルスを封じ込める政府の多大な努力を支持します。この措置は、ゲームの従業員と顧客の両方、そして最終的には一般の人々の安全を確保することを目的としています」。 フィリピンは昨年、アジアで最高のパフォーマンスを誇るゲームの管轄区域のうちの一つだった。年にも拡大を続けると予想されていたが、今回の閉鎖措置で雲行きが怪しくなってきた。PAGCORは数日前までは、フィリピンのゲーム業界が年末までに56億万ドル(約億万円)の総ゲーム収益(GGR)をあげると 予想していた が、これも下方修正を迫られそうだ。 カジノ・IRニュース ニュース 【コロナウイルス】フィリピンのマニラ首都圏で全カジノ閉鎖!ドゥテルテ大統領の首都圏封鎖に合わせ Marie Okamoto 0 。

【オンラインカジノ】もうブラックジャックが怖いです。【Online Blackjack】【無職借金1500万円】part29

【コロナウイルス】フィリピンのマニラ首都圏で全カジノ閉鎖!ドゥテルテ大統領の首都圏封鎖に合わせ

火曜にパンデミックに関する最新情報を発表したPAGCORは、現在実施されている強化されたコミュニティ隔離 enhanced community quarantine によって「平均で」毎月50億から60億比ペソを失っていると話したものの、パンダミックに対応して財政支援を打ち出すという強い決意も繰り返し述べた。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。

ディスカッション