複数社にベッティング!?ブックメーカーの投資方法からオススメサイトまで紹介してみた! ギャンブラ

投資ウィリアムヒルカジノ - 808759

世界中で顧客を得ることに成功している『 ウィリアムヒル 』は、あまりブックメーカーに馴染みのない日本でも高い知名度を誇っています。

William Hillの検索

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は、 複数のブックメーカーでベッティングする投資方法 を徹底的に解説していきます。

ブックメーカーは、勝った時点のオッズに保たれる。

カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。 入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。 そこでやはり1番いいブックメーカーはどこかといえば ウィリアムヒル ですね。ブックメーカー投資に欠かせない会社として覚えておくとよいでしょう。

スポーツブックが盛り上がるとき

最近周りで、やたらブックメーカーが流行っていて、めっちゃ気になったので、いろいろ調べています。 ずっと単なる賭け事なのかと思っていたら、日本の宝くじなどより還元率の観点からかなり優れていて、投資としてやっている人もいます。 しかも、結構な確率で勝てるというか、普通にトレードが下手くそな人が株で失敗するよりも、ブックメーカーをやった方がいいのではないかというくらいです。 法的には、グレーだったりするのですが、知人の弁護士に聞いている限りはいまのところ国内で賭けてもそんなに問題にはならなそうです。 ブックメーカーというのは、日本でいうtotoみたいなもので、海外では合法に運営されている賭け事のサイトです。 日本では宝くじやスポーツ振興くじくらいしかありませんが、海外では世界中に数千社のブックメーカーがあると言われているくらいメジャーな遊び?投資?なのです。 賭ける対象も、サッカーなどのスポーツだけでなく、気象や政治、エンターテイメントなど多岐に渡っています。 そう考えると、日本の宝くじやスポーツ振興くじをいくら買っても、どんどん負けて損をしていくだけなのは当然といえます。 一方で、海外だと、投資としてブックメーカーをやっている人が多く、還元率も高いことから、トータルで買っている人も少なくありません。 日本国内では賭博は刑法で禁止されているので、ブックメーカーのサイトはどこも海外のサービスになります。 その際、よくあるのは日本語のサイトがないという点です。 ところが、ウィリアムヒルは、ほぼ完璧に日本語で使えるようになっていますし、サポートも日本語で問い合わせできるようになっています。

ディスカッション