大阪)万博予定地の夢洲って? 造成中、視察に同行 ギャンブラ

賞金を手にしよう夢洲カジノ - 312019

トップページ     インフォメーション    第2回 大阪・関西の未来を拓く 万博・成長型IR・夢洲まちづくりシンポジウム 開催報告。

Recent Posts

幕張新都心におけるIR(統合型リゾート)導入可能性調査 。統合型リゾート整備推進法(カジノ法)が成立し、いよいよ日本のカジノも現実味を帯びてきました。それに伴い日本各地で誘致合戦が繰り広げられる中、千葉県でもIRを誘致しようとする動きがでてきています。最初に手を挙げた千葉市をはじめ、成田国際空港を擁する成田市なども誘致に積極的といわれています。今回はそんな千葉県千葉市のIR導入可能性調査報告書をもとに千葉のIR事情をご紹介します! 千葉市では去る7月18日に千葉県経営者協会「幕張新都心でのIR実現へ向けて~地域主導の事業化とコンソーシアム組成~」が開催され、IR実現に向けて地道に着実に議論を深めています。そんな千葉市では幕張新都心にIRを実現しようという動きが以前からありました。 幕張新都心は「「職」、「住」、「学」、「遊」の複合機能の集積した未来型の業務都市実現を標榜」を基本コンセプトとしています。確かに幕張メッセだけでなく大きな会場施設が立ち並ぶ幕張新都心は未来型の業務都市として機能していますね。商業施設や学校、イベント会場や住宅地区まで広大な地域となっています。 さらに東京都心にも成田空港にも30分圏内という立地のよさもあり、IR誘致に積極的な地域です。 つまり、すでに整備・利用されている建物や敷地を利用してIRを導入する計画(スイスのグランド・カジノ・ベルンをイメージ)と、シンガポール型と名付けた、新規に開発をする計画(シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズをイメージ)の2つがあるようです。 そのスイスのグランド・カジノ・ベルンとシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズを少し見てみましょう。

賞金を手にしよう夢洲カジノ - 289916

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

昨年の衆院解散でいったん廃案となった「カジノを中心とした統合型リゾート(IR)を推進する法案」(カジノ法案)が今国会に再提出され成立を目指す。カジノ解禁は安倍政権が成長戦略の柱と位置付けており、年の東京五輪に合わせたカジノ施設の開業を目指している。 再提出されるカジノ法案は昨年廃案になったものを引き継ぐ形となり、政府が指定する地域に限りカジノを認めるという内容だ。

ディスカッション