シュバーベンクベレン ギャンブラ

イベントシュツットガルトカジノ - 464053

フランスの南東隅に近くに位置するバチカン市国に次ぐ世界で2番目に小さい国。 年代、シャルル3世は地中海沿岸の海と太陽に恵まれたモナコの土地が高級リゾートとして発展する可能性に目をつけ開発に力を注ぐよう指示。当時スペルゲスと呼ばれた台地を開発し、禁止されていたカジノの経営を許可。この新しい開発はシャルル3世の功績にちなんでモンテカルロ(シャルルの山)と名付けられ上流階級のためのリゾート、モナコが誕生しました。 モンテカルロ(Monte Carlo)には歴史ある格式高いカジノが点在しており、カジノには原則ドレスコードがあり、短パンやサンダルでは入場できません。

カンシュタッター フォルクスフェスト

粟井英一郎(あわいえいいちろう)。年生まれ 岡山県出身 テルマリウム株式会社 代表取締役。年よりドイツセラミックプールの輸入施工の会社勤務、東京体育館プールなど国内数十か所のプール建設に携わる。年スパ温浴施設の企画会社サニタス総合研究所の設立に参加。年テルマリウム株式会社に社名変更。その間、全国の温浴施設の企画コンサルティング設計施工に携わる。 シュバーベンクベレン ドイツ シュトゥットガルト郊外  ドイツの首都は「ベルリン」、ドイツの空の玄関は「フランクフルト」ですが、ドイツブランドの代名詞、「メルセデスベンツ」、「ポルシェ」はシュトゥットガルトに本社があります。  シュトゥットガルトはドイツにはめずらしく、周辺を山に囲まれているこじんまりとした街並みが中央にあります。中心には美術館や博物館などがならび中世と現代がマッチングした美しい街です。特にシュームズ・スターリング作の国立美術館は素晴らしいの一言です。現代的でありながら中世の建築と全く違和感なく存在しています。  今回ご紹介する「シュバーベンクベレン」はこのシュトゥットガルト郊外にあります。  「シュバーベンクベレン」はSIセントラムという郊外型複合商業施設内にあります。  複合施設には、5つ星ホテル、4つ星ホテル、ミュージカル劇場、レストランモール、ショッピングモール、シネマコンプレックス、カジノ、集合住宅、そして大型温浴施設「シュバーベンクベレン」があります。全体の雰囲気はラスベガスを圧縮し、客層をエレガントにしたという感じです。やはりヨーロッパなのでどことなく社交場の雰囲気が漂います。商業施設正面には現代風城のような趣のダイムラーベンツの本社があります。  では早速入場しましょう。 裸のインディージョーンズ  入口は、ショッピングモール側から入ることもできますし、鉄道駅からすぐに入る入口もあります。入口横には立派な独立したログハウスの託児室があり子供を預かってくれるので、大人がゆっくり楽しむことができます。  入口でリストバンドを受け取り、入場ゲートにタッチして中に入ります。ここはドイツではめずらしく男女別の更衣室です。更衣室に入ると30cm角くらいのディスプレイがあり、そこに入口で渡されたリストバンドをタッチします。するとそこにロッカーナンバーが表示されます。そのロッカーに行くと扉が開いています。そこで服を脱ぎバスタオルで場内へと進みます。  そうです。ここは水着ではありません。更衣室は男女別ではありますが、浴場内はすべて男女混合なのです。 まだまだ、あります。別棟があり露天エリアからすると地下3階までサウナと休息エリアがあります。緑に囲まれた休息エリア、水晶サウナ、スティームサウナ、アイスルームと続きます。一周しただけで約2時間かかります。これでゆっくりとサウナ浴を楽しんでいると4時間でも足りません。本当にすごい施設です。  1995年にオープン以来、ドイツ国内でも不動の人気を誇っていますが、もちろん現代のニーズに合わせた改良は日々加えられており、トリートメントエリアも充実しています。一般的な施術系マッサージトリートメントはスエディッシュ、リンパマッサージ、アーユルベーダ、ホットストーン、カンタオ、ロミロミ、リフレクソロジー、チベット、レイキ、クンダリーニとそろっています。その他、プライベートスパがあり、アルペンスパ、オリエンタルスパなど、貸切でサウナ、バイブラ、トリートメント、マッサージが行えるスパスイートがあり、とてもリッチな時間を過ごすことができます。  サウナ、温泉、スパと楽しみ、さらにミュージカル、カジノ、レストランと遊びつくせません。本当にうらやましいです。ここに住みたくなってしまいます。(写真11)。

ディスカッション