シティ・オブ・ドリームス・マニラにアジア初のノブ・ホテルがオープン ギャンブラ

賞メルコクラウンカジノ - 302779

com 、マカオのコタイ地区にある統合型アーバンゲーミングリゾートであるシティ・オブ・ドリームス マカオを運営しています。マカオでは最大級の電子ゲーム機施設であるモカクラブ(www。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

NSW独立酒類・ゲーミング局はメルコが州のカジノライセンス保有に適正であるかを調査している。今この調査が確実に打ち切られようとしていることで、我々は不利な判決(または単に調査が進む中で現れてくる情報ですら が、ホー氏の会社のはるかに壮大な世界進出という野望、特に日本と関わる中でのその野望に悪影響を及ぼし、信用の失墜に繋がるかもしれないという懸念がホー氏にこの決断をさせるに至ったのかどうかについてはもう知ることはできない。メルコが過去に誠実性調査に合格した一方で、豪メディア、法曹界および政界には、過激なギャンブル反対派の勢力が相当いることが知られており、さらにそこにかなりの数の外国人嫌悪勢力が投げ込まれたことで、メルコにとって公正な公聴会を開くことは難しくなっていると言える。

シティ・オブ・ドリームス・マニラで開催されたノブ・ホテルガライベントに数々の著名人が出席

この日、アカデミー賞受賞俳優のロバート・デ・ニーロ氏、日本人シェフ松久信幸氏、ハリウッドのプロデューサーであるメイア・テペル氏、メルコ・コラウン・エンターテインメント(MCE 共同会長 兼 CEOのローレンス・ホー氏及び共同会長のジェームス・パッカー氏は、セサール・プリシマ財務長官、SMプライム・ホールディングスの社長ハンス・シー氏など各界の著名なゲストを迎えて、CDMにおけるアジア初の「ノブ・ホテル」の正式開業を祝った。 フィリピン政府は、国家プロジェクトとして観光事業を強力に推進することを目的に、マ二ラ湾岸沿いに4つのカジノリゾートを核とする「マニラベイ・エン ターテインメントシティー」を創設しつつある。既に一昨年3月に「ソレア・リゾート&カジノ」がオープンした。そして、CDMが今年2月に正式オープンし、る「マニラベイ・エン ターテインメントシティー」におけるカジノリゾート第2号となった。 なお、CDMは、SMグループ総帥ヘンリー・シー氏傘下の娯楽・不動産企業ベルコープ・グループとメルコ・クラウン・エンターテインメント社(MCE)による合弁カジノ・リゾート施設である。MCEはマカオのメルコ・インターナショナルと豪州のクラウンの合弁企業であり、マカオの有名カジノ 「シティ・オブ・ドリーム」の開発・運営企業である。 MCEのフィリピン法人はメルコ・クラウン(フィリピン)リゾーツ(MPC)であり、フィリピン証券取引所(PSE)に上場されている。 CDMは、カジノテーブル台、スロットマシン1,台、電子ゲーム1,台などを備えた大型カジノ・リゾート・商業施設である。CDMには「ノブ・ホテル」のほか、高級ホテル「クラウン・タワーズ」、国際的ホテルチェーン「ハイアット」が進出(15年5月18日のメルコ・クラウン・エンターテインメント のニュースリリースより)。

ディスカッション