『GBOARD』とは? 『GOOGLE 日本語入力』との違い、便利な使い方を解説 特徴

登録方法日本語対応可能 - 156978

強力な変換機能などを備えたGoogleの多言語キーボードアプリ『Gboard(ジーボード)』。しかしキーボードアプリは他にもたくさんあり、またAndroidでは同じGoogleの『Google 日本語入力』があるため、どれを使うべきか迷うのが悩みの種。 結論から言うと『Gboard』は文字入力のしやすさだけでなく、幅広いカスタマイズ機能を備えた万能キーボードで、ぜひ一度試してもらいたいアプリです。 本記事では『Gboard』の機能、『Google 日本語入力』との違い、使い方を解説します。どうぞ参考にしてください。

Amazon Transcribeの使い方

AmazonのサービスにAWSがありますが、その中の1つにAmazon Transcribeという自動で文字起こしをしてくれる機能があります。年11月頃、日本語に対応したためこのサービスを利用する人が続々と出始めました。この記事では実際に使ってみた感想と使い方、日本語はどれくらいの精度で対応しているのか。そしてリアルタイムの文字起こしを必要とする議事録でも使えるのか、お伝えしていきます。 Amazon TranscribeとはAmazonが提供するAWSの1つで、自動で文字起こしをしてくれる機能を持つサービスです。自動音声認識で音声ファイルや動画ファイルを文字起こししてくれたり、講演会でのリアルタイム文字起こしを可能にしてくれます。 すでにGCPやIBMなどでは同様の文字起こしサービスはリリースされていますが、AWSではようやく日本語に対応した形になります。英語版のAmazon Transcribeはとても精度が高いようで、日本語版でも精度の高さには期待が持たれています。また、AWSのサービスであるため、他のAWSのサービスと併用して利用できる点も、Amazon Transcribeが期待される一因になっているでしょう。

ディスカッション