ドレスコード・禁止行為・知っておくと得するカジノ用語などをまとめた「カジノのお作法」 特徴

モバイル今日のカジノドレスコ - 405639

カジノと言えばラスベガスが有名ですが、韓国でもカジノを楽しむことができます。 韓国は日本からとても近い国です。飛行機を利用すれば2時間ほどで首都のソウルへ行くことができます。東京から大阪までを新幹線で行くと約4時間ほどですからそれよりも近いと言えます。 近年、日本でもカジノの計画がされていますが、未だ日本にはカジノがありません。その為、韓国カジノは最も近いカジノと言えるのです。

意外と知らないカジノマナーについて“カジノ流儀vol.6”

カジノに初めて行く方はマナーなどはもちろんご存知ないと思いますのでここでご紹介させていただきます。 耳にしたことある方もいらっしゃると思いますがカジノと言えば〈ドレスコード〉 厳しいところはとても厳しいドレスコードですが最近はラスベガスなども以前に比べて緩くなってきています。 とは言っても露出の多い服装、短パンやサンダルなどは控えておいたほうがいいでしょう。 そしてバッグやカバンなどは持ち込まずにカジノのクロークに預け、持ち物は貴重品のみを持ち歩きましょう。 その理由はテーブルゲームではカードのすり替えなどが疑われる場合があるからです。 お金をチップに変えてもらう際、ディーラーに対して手渡しをするのではなく必ずテーブル上にディーラーの手が届く範囲に置きます。意外と知らずにやってしまう方がいらっしゃいますがディーラーは直接ゲストからものを受け取ってはいけないという指導があるので気を付けましょう。 次にベットしたい際に大きい額のチップをチェンジしたい時、ゲームとゲームの間で行いましょう。ゲーム進行中にチップチェンジするのは信仰の妨げとなってしまいます。なので1ゲームが終了してから次のゲームが始まる間にチェンジしましょう。ちなみに世界のほとんどのカジノでは赤のチップは5ドル、緑のチップはは25ドル、黒のチップはドルというのが基本的に多いのでそれを知っておくだけでもチップのチェンジがスムーズにいきます。

一体全体「なんてこったーーい!」?!今日のカジノドレスコード事情

セブンラックカジノの1号店らしいです。COEXのすぐ裏にあり、ゲームの詳しい日本語パンフレットもあります。 インターコンチCOEXに近いです。 思えば20歳のカジノデビューはソウルでした。その時はミレニアムヒルトン店でしたが、ソウル滞在時は江南にいる場合が多く、こちらでプレイする場合がほとんどです。 こちらの方が相対的に中国人が少ない気がしますが、時と場合によるのかとも思います。 はじめて行ってきました。 はじめてのため、ワンピースを着て一応正装で行きましたが、Tシャツにサンダルのおっさん(失礼!)も多数いて、ドレスコードは厳しくないような。 1階でパスポートを提示して入場。荷物は特に預けなくても良さそうでした。 最低ベットは2,W。 金曜日と土曜日の夜に行きましたが、土曜日の夜(22時頃)はルーレットテーブルは混んでいて、なかなかゲームに参加できませんでした。 のんびり遊びたいなら昼間なのかな? カードの作り方がわからなかったんですが、よく行く方なら作ったほうが良さそうです。 日本人はあまりいないですね・・・。

韓国カジノ初心者が知っておくべき8つのこと!予算・マナーは大丈夫?

昨今のカジノのドレスコードがとんでもなくラフになっている現象を目にして、一体全体「なんてこったーーい!」と思っている人はいませんか?今日、ドレスコードとギャンブルに関して「くつろいだ」という表現はどうも控え目に感じます。「Bruce Springsteen and I(ブルース・スプリングスティーン アンド アイ)」のように、カジノの全盛期は一体どこへ?!と疑問に思ってはいませんか?今日、ギャンブル市場は一層の拡大を遂げたにも関わらず、ギャンブルといえば、グラフィックTシャツ、短パンとウェストポーチを意味する時代が到来したのでしょうか? ハイローラーの生活と大出費 がギャンブルとデザイナー服を想起させる限り、 カジノ界じゅうにロークラスのイメージ は存在します。 スタイリッシュで輝くハリウッドが微笑む間 、ラスベガスにやって来ては、酔っ払って、博打して、去っていく ラット・パック(Rat Pack) のような当時の芸能人のトップを引きつけて、ラスべガスが魅力的だった、年代とは異なり、今日のラスべガスは、まるでブリトニー・スピアーズの公演会場と彼女のキャリアの終焉を意味しているようです。 色あせたジャージを着たプレイヤーが自宅の ソファーの上でうつむきながら、モバイル機器で博打 するオンラインギャンブルの光景が、スタイルを崩している一因なのかもしれません。けれども、カジノのあちこちでスタイルが欠けているのは、今に始まったことではなく、オンラインギャンブルを非難しても、答えにも解決にもなりません。

ディスカッション