【必勝】世界一わかりやすいテキサスホールデムのルール 特徴

山の上のカジノポーカーのブラフ - 446668

ポットを獲得する上で数学的に不利なプレイヤーまたはハンドのこと。たとえば、フロップであと 1 枚でフラッシュ完成となった場合、リバーでフラッシュを完成する確率は でアンダードッグとはならない フラッシュ完成の確率は 3 回に 1 回 。「ドッグ」の項も参照のこと。

♤Bicycle Casinoにて

Translate texts with the world's best machine translation technology, developed by the creators of Linguee。 Look up words and phrases in comprehensive, reliable bilingual dictionaries and search through billions of online translations。 Look up in Linguee Suggest as a translation of "Bluff poker" Copy。

この記事が入っているマガジン

最後のカードが配られるまで、プレーヤーはその時点でのベストハンドをもっているか、もっていないかのどちらかになる。 もっていない場合、この状況のことをbehind(ビハインド)と呼ぶ。 例) フロップ【J・10・9】のとき自分のハンド【A・K】。 check-raise(チェックRAISE)とは、あるベッティングラウンドでチェックした後にRAISEすることである。チェックRAISEは、single bet(1BET)が先に入っていたら降りるだろうけれどもチェックで回ってきたらBETしてくるプレーヤーに罠をしかけるためなどに用いられる。 このようなポジションBETしてくる プレーヤーにチェックRAISEは効果的である。 ビックブラインドをしたプレーヤーに戻して次のゲームに移ること。 これはホールデムにおいて、誰もブラインドに対してCALLしなかった場合に起CALLことがある。多くのカードルームではフロップが開いたときにのみ、rake(レーキ)を徴収することが多いので、これを避けるために、プレーするのではなくチョップに同意するわけである。アクションが多いテーブルにおいては、チョップしてさっさと次の勝負に移るためにチョップが成立ことも多い。 Wanna chop? Cold calling(CALLドCALL)とは、2Bet以上に対してCALLすることである。例えば、プレーヤーAがBET、プレーヤーBがRAISE、プレーヤーCがCALLした時、プレーヤーCは2BETに対してCALLしているのでCALLドCALLということになる。CALLドCALLは、AがBET、BがCALL、CがRAISE、AがCALL、BがCALLした場合のBのように1BETづつ 2回に分けて2BET分ポットに入れたCALLとは意味合いが全く違ってくる。 いかさまの一種。強いハンドが配られるように仕組まれたカード一式のこと。いわゆる積み込み。または、負けゲームが続くスパンをさすこともある。例)I have been hit by cold deck recently。

ディスカッション